肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

香料や添加物はお肌の敵になるって本当?

香料や添加物はお肌の敵になるって本当?

スキンケア製品が肌トラブルの原因に

数多の食品と同じように、化粧品にも安全で毒性のないことが確認された成分の使用が義務付けられています。しかし基本的には安全基準を守っていたとしても、香料や添加物の影響をまったく避けたり取り入れないようにするのは難しいでしょう。

化粧品にも一定期間保存や香りを出す工夫が必要であり、それには数々の化学物質が私用されているからです。肌に合わない成分や良くない成分は、少量の使用でも体内に蓄積されていき、それはやがて肌荒れやアトピーなどとして現れることもあります。

スキンケアが肌トラブルの原因となっていたという典型的な例です。どうしてもトラブルフリーでないと困るという方や、特定の化学物質にアレルギー反応を起こすことがあらかじめわかっている方は、成分表をよく見て製品を選ぶようにしなければなりません。

香料

例えば、香料は常に「香料」とだけ表示されます。これは香料の内容を細かく表示しなくてもよいという決まりになっているためです。石油系の香料は香りが安定しており持続するというメリットがあるものの、無用な肌トラブルを起こす可能性が指摘されています。

「フタル酸エステル」などは環境ホルモンを含むとされており、まったく同じ物質ではないにしても一部のフタル酸は発がん性のある物質として分類されています。

体に蓄積されにくい物質であるため、化粧品だけでなくプラスチック製品やビニールなど日常生活の中で非常に多岐にわたり使用されていますが、内分泌かく乱物質でもあるため、使用や使用する量には注意しておくに越したことはありません。

「香料」と表示されていれば、よほど合成香料不使用などの明記がない限り基本的に含まれていると考えておくべきでしょう。

添加物

添加物も無視できません。食品の世界で散々取りざたされてきた添加物ですが、化粧品でもその効果と引き換えに毒性がある場合があり、そのアレルギー反応や肌トラブルの原因となっていることが度々指摘されてきました。

その内の一つである「パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)」は、防腐剤としてほとんどの化粧品に使用されています。毒性が低く、微生物やカビに対して殺菌効果を発揮し長期保存を可能にします。

しかし一部では肌荒れや皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を乱すことで老化現象を早め、乳がんとの関連を指摘する声もあります。パラベンフリーの製品を心がけるか、ご自身の体調との関連を調べてみるのが良いでしょう。


  • TOP