肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

イボ対策用クリームに入っていないほうが良い成分

イボ対策用クリームに入っていないほうが良い成分

防腐剤を見る

クリームに入っていないほうが良い成分はあるのでしょうか?注意すべき成分リストはあるにはありますが、いぼクリームはそもそも非常に安全性の高い製品です。主成分を水とする製品がほとんどで、次に多いのも非常に毒性の低いグリセリンとなっています。

水はもちろんのこと、グリセリンもアルコールの一種とは言え、毒性の低さから現に医療製品や食品にも幅広く使われているほどの化学成分です。そういった事情により何も気にせずに利用してもいいほどのクリームですが、防腐剤の種類には気を付ける必要があるかもしれません。

例えば「ソルビン酸K(カリウム)」は水溶性があり、細菌の繁殖を抑えたりカビに対して抗菌作用があります。そんなソルビン酸Kは食品にも用いられるほど安全なもので知られていますが、ある環境下では細胞の染色体異常を引き起こしたり遺伝子の異常を発生させることが観察されています。

一部では発がん性の危険について指摘する声もあるため、さらなる研究が進められているところです。

香料の表記は難しい

香料として入れられている成分にも注意が必要かもしれません。香料には「天然香料」と「合成香料」の二種類があり、日本ではそれぞれ健康基準がしっかりと定められています。しかし、単に「香料」と書かれている場合は基本的に合成香料を指し、天然の素材ではありません

天然の香料ならば「〇〇油配合」「〇〇エキス配合」という表記になるため、見分けるのは難しくはありません。しかしこの合成という場合は基本的に石油由来の成分で、その中には肌を荒れさせる可能性のある香料があります。

「フタル酸エステル」はその代表で、幅広く利用されているとはいえ、一部でその危険性が指摘されている成分の一つです。フタル酸エステルとは、フタル酸とアルコールがエステル結合した化合物で、有名なところではプラスチックを柔らかくする可塑剤として非常に広範囲で使用されています。

しかし人体には発がん性や生殖機能への悪影響、あるいは子どもの肥満などとの関連が挙げられており、目下研究が進められています。日本やアメリカ、欧州諸国では乳児が使用するおしゃぶりや哺乳瓶への使用が規制されており、含まれていない製品を探す方がより安全です。

まとめ

以上のような成分には確かに注意が必要です。しかし当サイトで紹介している商品の中には含まれていないため、特にこういった成分を警戒しなくても大丈夫でしょう。ご自分の肌との相性さえ悪くなければ、スキンケアの一環で取り入れておきたい製品の一つです。


  • TOP