肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

イボ予防の肌ケアにぴったりな食生活は?

イボ予防の肌ケアにぴったりな食生活は?

王道成分ヨクイニン

イボを予防できる食生活などあるのでしょうか?実はあります。これさえ食べていればイボが出来ないという訳ではありませんが、イボの発生原因を抑える効果があることが知られています。

例えば、イボ対策クリームなどでは目にする機会の多い「ヨクイニン」は、ハトムギの種子に含まれている成分です。漢方の世界でも古来より使用されている歴史があり、主に体内の水分調整や不要物の排出に役立つとされています。

これはサプリメントによる補助的な補給はもちろん、ハトムギ茶を飲むことでも摂取できます。緑黄色野菜も欠かさず取り入れたい食品です。トマトやブロッコリー、ニンジンなどのなじみのある食材で十分で、活性酵素を除去しこれも体内の不要物や老化現象を引き起こすと言われる物質を排出するのに効果的です。

ビタミンCの万能さ

美容の世界で必ずと言っていいほど聞くのはビタミンCではないでしょうか。ビタミンCには強い抗酸化作用があります。これにより細胞の酸化や劣化を防ぎ、動脈硬化や心臓系の病気にまで一定の効果を発揮することが確認されています。

そして何より、コラーゲンを生成する過程に必要な物質であり、肌に弾力や若々しさを保たせるうえで非常に重要な成分です。加えて、ビタミンは粘膜の働きを強め免疫系を強化する働きもあるため、イボの原因となるウイルスや雑菌をやっつける効果も期待できます。

ウイルスやその他の原因となる細菌と無縁の生活を送ることは不可能ですが、体内に侵入してもそこで定着させない強い免疫があれば、イボ治療よりもはるかに効果的な対策を講じられることになります。

ビタミンCは強い肌を作るためにも不可欠であり、ぜひ欠かさず摂取しておきたい成分の一つです。赤ピーマンやキウイフルーツ、レモンなどが豊富に含んでいます。熱に弱いため生での摂取が理想的です。

ビタミンEは血行にいい

ビタミンEも見逃せない成分です。ビタミンEにも抗酸化作用があり、細胞膜やLDLコレステロールの酸化を防ぐ効果により老化現象の進行を抑え生活習慣病の予防に必要とされています。

体中に運ばれるビタミンEは血管を広げることで血行を促進する作用があり、全身の代謝を改善しコレステロールの酸化を防ぐことが期待されます。肌のターンオーバーを正常に戻し、古い角質やイボの原因となるメラニン色素の排除に役立つことが分かります。

つまり、こうした成分を多く含む食品の摂取を心がけることで、イボの出来にくい体を作ることを目指していきましょう。


  • TOP