肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

首のイボを再発させない生活習慣

首のイボを再発させない生活習慣

紫外線から守る

イボは一度できるとしつこく続く場合があります。イボに有効な生活習慣を取り入れることで、イボの再発を防ぎより強い肌を保つように心がけましょう。イボが出来る原因の一つは紫外線です。

紫外線により肌はダメージを受けますが、その際にメラニン色素を出すことでダメージを集約させ、それ以上肌のタンパク質が破壊されるのを防ぎます。そうして発生したメラニン色素はやがて体外に排出されるのですが、この代謝が上手くいかないとイボやシミとなって残ってしまいます。

イボのケアも大切ですが、イボが発生しないよう予防する方が効果的です。首は紫外線ケアを忘れやすい部位の一つです。夏場はもちろん、春先や秋でも首には日焼け防止クリームを塗ったりUVカット機能の付いたスカーフなどを巻き、いつでも保護できるようにしておきましょう。

摩擦を避ける

摩擦もイボの出来る原因の一つとなります。摩擦は肌への刺激となり、刺激に対して強くするために肌はより厚い角質を作りそれに備えようとします。そうなれば皮脂腺から分泌される油分が毛穴に詰まったり、余分な皮膚組織の下で老廃物がたまったり肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

つまり、肌への刺激を減らすことがイボの発生を抑える重要な方法であり、刺激が少なければ今あるイボも小さくなっていきます。襟などの服の一部が常にあたっており、首は外部からの摩擦的な刺激に常にさらされています。

手で掻いたりするのももちろんそれに含まれています。首の後ろなどは鏡でもなかなか確認しづらい部位であるため、出来るだけ肌に触れるものを無くしケアしていくことが大切です。

特に冬場はマフラーなどで常に肌に触れるものがあり刺激にさらされているため、乾燥対策も合わせてより繊細なケアが必要となります。

食生活で取り入れるものと避けるもの

食生活も非常に重要です。食生活は健康と命の源であり、食べるものを見直すことでイボの発生を抑える体づくりが可能です。緑黄色野菜やビタミンE・Cを多く含む食品を出来るだけ食べましょう。

緑黄色野菜やビタミンEには抗酸化作用があり、細胞レベルでの老化現象抑制に効果的です。ビタミンCは美容に最も重要な成分の一つで、肌の潤いを保ち乾燥や外部からの刺激に強くします。そして乳製品や甘いもの、カフェインを多く含む食品を避けましょう。

これらは脂質や糖質により活性酵素の働きをか発化させ、血行を悪くすることで老廃物が溜まりやすくイボ発生をより容易にしてしまいます。


  • TOP