肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

イボができる理由と家庭でできる対処法

イボができる理由と家庭でできる対処法

自宅でケアできないイボ

イボが出来る理由には何があるでしょうか?一つには「粉瘤ふんりゅう」が挙げられます。粉瘤とは、皮膚のすぐ下に嚢胞のうほうと呼ばれる袋状の組織ができ、そこに老廃物や膿などが溜まっていく症状のことです。

粉瘤自体は悪性の腫瘍でも何でもなく、放置しても重大な疾患に発展することはありません。しかし膿を蓄えた袋は化膿や拡大の危険性を抱えており、粉瘤が化膿して生じる痛みは耐え難く、日常生活に完全に支障を来たすという経験談も数多く見られます。

イボが大きく、ニキビのように数ミリサイズではなく1センチ近くになったり、痛みやかゆみはないもののいつまでもなくならない、あるいはいつも同じ場所に現れるようであれば粉瘤の可能性があります。自宅ではとにかく触らず刺激せず、皮膚科や整形外科での診察を受けるのが最善です。

自宅でケアできるイボ

イボが「老人性イボ」の場合はどうでしょうか?老人性イボとは、加齢や老化による肌の新陳代謝ターンオーバーの乱れが原因で、皮膚に発生したメラニン色素が定着してしまう症状のことです。

通常、肌は紫外線によるダメージを受けるとメラニンを生成し、「受け皿」を作ることで皮膚がそれ以上破壊されるのを防ぎます。メラニンは黒く変色するものの、やがて垢となって皮膚から排出されるため皮膚を犯すことはありません。

そして新しい組織である角質を作り出し、肌は常に最新で健康な状態へと保たれます。しかしこのサイクルであるターンオーバーが上手くいかないと、変色したメラニン色素が肌の外へ排出されず皮膚内に残ってしまいます。

これが老人性イボの原因となり、黒く斑点のような見た目へと変えてしまいます。老人性イボは、肌のターンオーバーを正常に戻すことでかなりの程度改善されると考えられています。

液体窒素やレーザー治療などで直接除去することも可能ですが、体の代謝や免疫力を向上させるクリームや食生活を取り入れることで改善されるケースも確認されており、健康的な生活が第一の対策となるでしょう。

自然治癒に持っていけるならそれが理想的

イボが出来る理由はほかにもあり、特にイボが急速に大きくなったり痛みやかゆみを伴うようであれば、自宅でのケアよりも専門の医療機関を受診すべきです。

しかし、自宅では基本的に健康で規則正しい生活を心がけることによって、体が本来持つ強さによるイボの除去を目指しましょう。外科的に、あるいは美容的に除去することももちろん可能ですが、自然に治せるのであればその方が肌にも健康にも理想的です。


  • TOP