肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

首のイボはクリームで減らせる

首のイボはクリームで減らせる

効果のある成分

イボにクリームが効果的なのはなぜでしょうか?クリームの中には、「ハトムギ」に由来する成分を含んでいるものがあります。ハトムギは「ヨクイニン」という成分を含んでおり、これが体調全般を整えるのに効果があるとされ、漢方の世界でも古くから使用されています。

ヨクイニンを含んでいる場合、体内の水分を調節したり不要物の排出を助けます。そうしたクリームを塗ることで、イボの原因となるウイルスへの免疫力の向上や肌のターンオーバーが正常に戻る可能性があります。

イボの原因は様々ですが、ウイルスにしても老人性イボにしても免疫や肌の正常な調子でかなりの程度防ぐことができます。それほど本来の機能を保っている肌は刺激に強いものなのです。ヨクイニン配合のクリームで肌が調子よくなれば、それだけでイボに対する抵抗力ができます。

保湿で健康的な肌へ

クリームで保湿するのも効果的です。乾燥が進むと、肌は油分をより多く分泌することで乾燥を防ごうとします。しかし油が多すぎていわゆるテカリ肌になると、皮膚は健康な状態を保てなくなります

油が酸化して肌を傷め、皮脂は毛穴に詰まってニキビなどの原因となります。こうした乾燥を防ぐために、クリームなどで水分を補ってやる必要があります。クリームをつけ過ぎると、余分な分が蒸発する際につられて肌の中の水分も蒸発してしまいます。

肌に浸透したは良いものの乾燥も連鎖してしまうからです。スキンケアは量より質の面があります。大量に手に取ったものをバシャバシャと付けるのではなく、手で温めたクリームをハンドプレスでしっとりと浸透させましょう。

日本で言われるスキンケアは過剰であることが度々指摘されます。何度も肌を触りベタベタに塗りつけてしまうと、それも肌への刺激・普段となります。クリームを適量、優しく付けることでいぼが出来やすい肌環境を改善しましょう。

刺激せずにケアするのが最善

角質除去クリームなどで、肌をこするように塗るものも見られます。しかしそれもイボへの刺激となる可能性があります。イボは基本的に手で直接除去するのはよくありません

クリームを使ったとしても、ゴシゴシと磨くように塗り込んでしまうと手で直接いじるのと変わりはありません。大抵、イボは体の免疫力を高めて治すか、皮膚科や整形外科などで施術して取り除くかのどちらかに分かれます。

クリームで治すのであれば触って刺激するのではなく、効果が出るまで辛抱強く塗り続けましょう。刺激を抑え養生に徹することで、自宅ケアでも十分イボは減っていく可能性があります。


  • TOP