肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

背中のブツブツもクリームでなくせる

背中のブツブツもクリームでなくせる

背中にも効果的

イボやブツブツは体中のあらゆる部位に発生します。イボ除去クリームは背中のブツブツにも利用できるのでしょうか?背中にできるイボやできものの原因にもよりますが、クリームが想定する症状、あるいは他の場所で効果があった似たような症状であれば、一定の効果は期待できると言えるでしょう。

イボやブツブツの種類がそう何種類も同時に発生することは稀で、がんなどの腫瘍や粉瘤などの医療機関での処置が必要な症状でなければ、日ごろのスキンケアがむしろ有効です。

背中にもクリームを塗ってケアに努めることで、刺激で負荷のかかった皮膚を休ませるようにしましょう。そもそも背中にブツブツができるのはなぜでしょうか?

ニキビを抑えることは可能、粉瘤の場合は注意が必要

ニキビは代表的な原因です。ニキビは顔に出来るものというイメージが広まっていますが、皮脂腺があれば体中に出来る可能性があります。ただし顔と違うのは「アクネ菌」によってニキビができるわけではなく、「マラセチア菌」というカビの一種が行う皮脂分解作業が引き起こす炎症がほとんどの原因だと考えられています。

体は乾燥に対処するために皮脂を分泌しますが、過剰に分泌されたりそれが毛穴に詰まったりするとニキビのもととなり、中で炎症が発生します。背中は乾燥を防ぐために皮脂の分泌量がもともと多く、ニキビが出来やすい箇所でもあるのです。

その上、目の届かない場所であるためにスキンケアを怠りがちになります。加えて、お風呂で体を洗う時に強くこすることによって刺激が加わり、服を着ることでも常に負担がかかっています。クリームを塗ることで保湿に努め、肌が乾燥しないように守るのは背中でも大切です。

あるいは、そのしこりは「粉瘤ふんりゅう」という症状かもしれません。粉瘤は皮膚の下に嚢胞のうほうという袋ができてしまい、そこに老廃物が溜まって膨らんでしまう症状のことです。

悪性の腫瘍ではなっく害はないものの、完全に治そうとするとちょっとした手術が必要になります。痛みや拡大が気になるようであれば、皮膚科や整形外科を受診しましょう。

健全な生活習慣も大切

ブツブツの原因がニキビやストレス性の発疹である場合は、とにかく休息や正しい生活習慣が必要となります。小さいブツブツやニキビなどでも軽く見ずに、クリームを塗ってスキンケアを行ったり生活の予定を見直すなどして健康を維持するようにしましょう。

生活習慣や環境が改善されれば、体調が整いクリームも本来の効果を発揮しやすくなります。


  • TOP