肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

紫外線や加齢のストレスがイボの原因になる

紫外線や加齢のストレスがイボの原因になる

紫外線の影響

肌には常に刺激が加わっています。服を着ることで摩擦による刺激が与えられ、座ることで体重が皮膚に負担をかけ、歩けば足の裏に刺激が発生します。こうした刺激やストレスに耐えられるように設計されているのが皮膚とはいえ、中にはかなりのダメージを負ってしまうケースもあります。

その一つが紫外線です。紫外線は殺菌したり光を生じさせたり幾つもの効果がありますが、人体にはおおむね悪影響を及ぼすことがほとんどです。紫外線はタンパク質を変性させる影響があるため、長時間強力な紫外線を浴びるとコラーゲン繊維や柔軟性を発揮する組織にダメージを与え、老化現象を引き起こします

こういった刺激から守るために、皮膚はメラニン色素を作り出してそこに紫外線を受けさせ、肌が生まれ変わるサイクル「ターンオーバー」によってそれらを垢として体外に排出し、肌の機能を守ります

加齢がイボの発生を加速させる

本来はこの機能によりイボやシミを除去するのですが、何らかの理由でターンオーバーが正常に機能しないとその色素が皮膚に残ってしまいます。これがイボの原因となり、皮膚内に黒ずんで残ってしまうのです。

加齢は肌のターンオーバーを乱れさせ、古い角質を排出することが出来なくなります。これがいぼの原因となります。年を取ってくると黒ずんだいぼができるのは、それまでに蓄積された肌のダメージも関係しています。

やはり、紫外線対策がしっかり行われ丁重に扱われてきた皮膚の方が、年齢と共に衰えたとしても元気でいられるものです。しかし今までに受けたダメージが多いと、どうしても肌が弱っていくのも速くなってしまいます。若いうちから日傘や帽子、クリームによって直射日光を防ぐのは非常に大切です。

ストレスによる免疫低下

ストレスはどうでしょうか?ストレスの非常に広範囲に及ぶ体への悪影響はよく知られている通りです。ストレスは免疫を低下させ、その結果体内に侵入した細菌やウイルスの活動を許してしまいます

イボの原因の一つである「ヒトパピローマウイルス」による影響も、免疫が下がった時に発症しやすいと言われています。通常、ウイルスが体内に侵入しても自動で排除や捕食する機能が人体には備わっています。しかし免疫が低下すると、普段抵抗できるはずのウイルスにも増殖を許してしまい、イボの発生などにつながるのです。

これらが代表的なイボ発生の原因であり、日常生活のあらゆるところに潜んでいます。健康的な生活としっかりとした日光対策を続けることで、イボの原因を潰していきましょう。


  • TOP