肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

日焼け止めクリームと合わせるのは気をつけて

日焼け止めクリームと合わせるのは気をつけて

効果を弱めてしまうかも

日焼け止めクリームと合わせることには幾つか注意点があります。まず第一に、日焼け止めクリームの効果を薄めてしまう可能性があります、紫外線はイボやシミの原因となり得ます。

その紫外線を防ぐために日焼け止めクリームをせっかく塗ったにもかかわらず、普段のケアだからとイボ除去クリームも塗ってしまうと、どちらの効果も弱まってしまうかもしれません。特に日焼け止めクリームの場合、塗り直しや重ね塗りなどでしっかり肌を保護することが必要になる場合も多々あります。

日焼け止めクリームは数値や性能より塗り方の方が重要です。そこをイボ除去クリームなどのその他のクリームで薄めてしまうのは正しい使い方ではありません。日焼け止めの効果をしっかり発揮させ紫外線を可能な限り遮断することで、イボや肌荒れの原因をブロックしていきましょう。

日焼け止めによる肌荒れ

日焼け止めの種類によっては、紫外線を跳ね返すものと吸収するものとに分けられます。紫外線を跳ね返すものは「紫外線散乱剤」と呼ばれ、ノンケミカルや吸収材不使用などとも表記されます。酸化チタンや酸化亜鉛などの天然成分が使用され、肌への負担が少ないのが特徴です。

しかし紫外線を吸収するタイプはメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなどを含み、紫外線を化学的に熱へと変化させて排出する仕組みを取っています。

その化学反応のために肌への負担が大きく、敏感な肌の人はむしろ表皮を傷めてしまう可能性があります。そういった肌荒れの状態を引き起こした時にずっとイボ除去クリームが肌に乗っていると、肌荒れの悪化や痛み・かゆみの原因となる危険性があり、日焼け止めクリームとの併用はやはりリスクを抱えています。

併用にはほとんどメリットがない

日焼け止めクリームを塗るのは基本的に日中のはずです。その間にイボ除去クリームによるケアはひとまず置いておいて、紫外線ブロックに集中した方が効率的です。イボ除去クリームはスキンケアの機能も備えています。

クリームを塗るのはお風呂後や就寝前などのアフターケア専用にし、日中は日焼け止めクリームによる分業制をおすすめします。日焼け止めクリームによってしっかり紫外線をブロックできなければ、イボケアを後からどれだけ行っても防ぐことは難しくなります。

対症療法より予防が鉄則です。日焼け止めが徹底できるなら、老人性イボやシミの発生をかなり抑えることが可能です。


  • TOP