肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

肩や背中のイボ 粉瘤の原因と症状、治療法は?

肩や背中のイボの一種である粉瘤は、健康面に悪影響を及ぼすようなイボではありませんので、放っておいても特に問題はありません。

ただ、粉瘤がつぶれるなどすると内容物が外に飛び出し、臭いを放ちますので、治療しておくに越したことはないでしょう。

ここでは肩や背中のイボの一種である粉瘤の原因と症状、治療法を説明します。

肩や背中のイボ 粉瘤の原因とは?

肩や背中のイボの一種である粉瘤は、溜まった角質や皮脂が原因とされています。

毛穴の皮膚が内側にめくれ、嚢胞になり、そこに通常であれば剥がれるはずの角質や皮脂が溜まることで粉瘤になると考えられています。

肩や背中のイボ 粉瘤の症状とは?

粉瘤には特に症状がありません。

触るとコリコリとし、違和感がありますが、痛みを伴いませんし、健康上問題があるというわけでもありません。

ただ、背中のいぼが粉瘤であった場合、寝ている時に粉瘤がつぶれ、中にある異臭物が外に出てしまう可能性があります。

また、粉瘤がつぶれると炎症などを引き起こしてしまう可能性がありますので、皮膚科で治療したほうが良いでしょう。

肩や背中のイボ 粉瘤の治療法とは?

粉瘤の治療法は、基本的に皮膚科で手術を受けることになります。

皮膚科ではへそ抜き法(くり抜き法)と呼ばれる治療法が用いられているのですが、まずは専用の器具で粉瘤をつぶして中の堆積物を外に出し、それから患部に治療を施します。

治療時には麻酔が使用されますので、痛みを感じることはまずないでしょう。

また、手術時間は5分から20分程度と非常に短く、手術後すぐに帰宅することができます。

ただし、経過を観察していくため、数日に1度のペースで皮膚科で診察を受けなければなりません。

ちなみに、粉瘤の手術は保険が適用されますので、3割の自己負担で済みます。

粉瘤と背中ニキビは違うもの?

粉瘤と背中ニキビは違うものです。

背中ニキビは毛穴に皮脂が入り込み、アクネ菌が増えることでできるとされてます。

ご存知の通り、背中の皮膚はよく汗をかきますし、群れやすい場所でもありますので、ニキビが発生しやすい部位と言えるでしょう。

また、背中ニキビを放っておくと治療が難しい、つまり難治性の背中ニキビとなることもありますので、早めに治療することが大切です。

一方、粉瘤でもなく背中ニキビでもない場合、ウイルス性イボである可能性も否定できません。

ウイルス性イボである場合、粉瘤および背中ニキビとは治療法が異なります。

ウイルス性イボの治療法についてはこちらのページにまとめましたので、ぜひチェックしてください。

⇒「肩や背中のイボの治療法とは」


  • TOP