肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

肩や背中のイボは皮膚の状態が原因?

肩や背中にイボができた場合、皮膚に何らかの問題があった可能性があります。

肩や背中にできる可能性があるイボとして、ウイルス性イボや老人性イボ、ニキビなどがありますが、いずれも皮膚の問題が原因となってできると言えるでしょう。

ここでは肩や背中のウイルス性イボ、老人性イボ、そしてニキビがどのような皮膚にできるのか説明したいと思いますので、ぜひチェックしてください。

ウイルス性イボができる皮膚とは

ウイルス性いぼは、皮膚からウイルスが侵入し、感染してできます。

つまり、傷がある状態の皮膚にはウイルス性いぼができる可能性があるというわけです。

背中や肩をかきむしるなどした際に皮膚に目に見えない傷が生じ、そこからウイルス感染していぼができることがありますので、ご注意ください。

皮膚に傷があれば、消毒したうえで絆創膏やガーゼなどで保護し、ウイルスに感染しないような対策を施すことが大切です。

老人性イボができる皮膚とは

老人性イボは、古い角質が剥がれ落ちず、蓄積することでできると言われています。

蓄積した角質がシミのようになり、紫外線などの刺激によって肥大化して老人性イボになるというわけです。

人間の皮膚のターンオーバーは加齢とともに衰えますので、年齢を重ねるほど老人性イボができる可能性は高まると言えるでしょう。

ニキビができる皮膚とは

ニキビができる皮膚は、水分と油分のバランスが崩れている皮膚です。

水分と油分のバランスが取れていると、皮膚を正常な状態にキープできますので、毛穴に角質や皮脂が詰まる可能性を抑えることができます。

ですが、水分と油分のバランスが崩れ、毛穴に角質や皮脂が詰まるとアクネ菌が増殖し、ニキビができてしまうのです。

また、ホルモンバランスの崩れも原因となることがありますので、生活習慣や毎日の食事はすごく大切だと言えるでしょう。

ニキビをかきむしるとニキビ跡として残ってしまうため、毎日のスキンケアで皮膚をケアしたり、すでにあるニキビには軟膏などを塗るなどして治療してください。


  • TOP