肩や背中のポツポツ・首のイボはもう気にならない!おすすめクリームサイトイメージ

肩や首、背中にポツポツといぼが出来てしまうと、意外に目立ってしまうものなので、なるべく早く解消したいものですよね!当サイトでは、肩、首、背中などに出来るいぼの対策の方法などを解説し、除去するためにおすすめクリームなどを紹介していきます。

MENU

肩や背中のイボの治療法とは

肩や背中のイボは適切な治療を行えばきれいに除去することができます。

もちろんイボの種類を知ることも大切ですし、種類を知っていれば病院で治療すべきか、それとも病院に行かずに治療できるのか知ることができるでしょう。

逆にイボの治療法を知らなければ、自分自身で不適切な処置を行ってしまい、皮膚に無残な跡が残ってしまうかもしれません。

先に話すと、背中にできたプツプツはイボかもしれませんし、背中ニキビかもしれません。

イボであれば、基本的には病院で治療を受けるべきでしょう。

また、ウイルス性イボであれば、背中だけではなく首などにもできている可能性があります。

なぜなら、ウイルス性イボの原因であるウイルスには感染力があるため、首などの皮膚に傷があれば感染し、いぼができてしまうからです。

もし首にいぼがあれば、下記で治療法をチェックしてください。

あなたのいぼにあった治療法を必ず見つけることができるでしょう。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

肩や背中のイボの種類

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)は、毛穴の皮膚が内側にめくれて袋状になり、そこに角質や皮脂などがたまってできます。

粉瘤は健康に害を及ぼすものではありませんが、つぶれて内容物が外に出ると悪臭を放ちますので、治療するにこしたことはないでしょう。

なお、粉瘤に痛みなどはありません。

背中ニキビ

背中ニキビは、皮脂が毛穴に溜まり、アクネ菌が増殖することが原因でできます。

背中は汗をかきやすい部位であり、ニキビが生じやすいとされていますので、汗をかいたらタオルで拭いたり、汗拭きシートを使うなどして清潔な状態を保つと良いでしょう。

ウイルス性イボ

ウイルス性イボは、ヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれるウイルスが原因でできます。

ヒト乳頭腫ウイルスには感染力がありますので、ウイルス性イボは治療しなければなりません。

また、そのまま放っておくと治療が難しくなる、つまり難治性イボになってしまう可能性があるため、早めに治療することをおすすめします。

老人性疣贅

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は、加齢などによって皮膚のターンオーバーが遅れることが原因でできるイボです。

ターンオーバーが遅れると、剥がれるはずの角質が皮膚のうえに溜まり続け、シミのようになります。

すると、紫外線などの刺激によって膨れ上がり、老人性疣贅になるのです。

老人性疣贅はウイルス性イボのように感染したり、健康に害を及ぼすようなことはありませんが、放っておくと大きくなってしまいますので、治療することをおすすめします。

肩や背中のイボの治療法

肩や背中のイボの治療法は、イボの種類によって異なります。

上記で粉瘤、背中ニキビ、ウイルス性イボ、老人性疣贅の原因について説明しましたので、以下でそれぞれの治療法についてお伝えしましょう。

粉瘤の治療法

粉瘤の治療法は、手術一択です。

痛みがないために自分で除去しようとする方もいらっしゃるようですが、内容物が飛び出して異臭を放ちますし、傷口が炎症になってしまう可能性も否定できませんので、必ず病院で治療してもらいましょう。

ちなみに、手術は即日で終わるため、入院の必要はありません。

手術後は数日に1回のペースで通院し、傷口がふさがれば完了です。

背中ニキビの治療法

背中ニキビを治療するうえで大切なことは、スキンケアです。

ボディタオルなどで背中をごしごし洗うという方もいらっしゃいますが、それだと背中の皮膚を傷つけ、バリア低下につながってしまう可能性があります。

ですので、ボディソープなどをしっかり泡立て、やさしく洗うことが大切です。

また、ビタミンB群はニキビの治療に良いと言われていますので、毎日の食事の栄養バランスを見直すのも良いでしょう。

ウイルス性イボの治療法

ウイルス性いぼの治療法として挙げられるのが、レーザー治療、液体窒素療法、ヨクイニン療法です。

この3つが代表的な治療法となりますが、重度のウイルス性イボである場合、レーザー治療とヨクイニン療法、液体窒素療法とヨクイニン療法といったように、複数の治療法を同時進行で進めていくこともあります。

老人性疣贅の治療法

老人性疣贅の治療法は、ウイルス性イボとほとんど同じです。

ただ、スキンケアによって治る可能性があると言われていますので、毎日のスキンケアに力を入れるのも対策のひとつとなるでしょう。


  • TOP